初めてのシンガポール旅行ならツアーを利用するのがおすすめ!

笑顔の男女

世界遺産も多い

山

インドと中国両方の文化の影響を受けたネパールは、独特の魅力を持つ国であると言えます。また、非常に山が多いことが特徴であり、その中には世界最高峰であるエベレストがあるのです。そのため、旅行者だけでなく登山家からも高い人気を集めています。ネパールでは仏教とヒンドゥー教のいずれかを信仰している国民が多く、これらの宗教に関わる建物は旅行者から人気の観光スポットとなっているのです。特にヒンドゥー教の寺院のつくりは、ほかの宗教とはまったく異なっており、外から眺めているだけでも楽しむことができます。例えば、仏教の寺院はあまり多くの色が使われることがなく落ち着いた印象を与えますが、ヒンドゥー教の寺院は極彩色で彩られた賑やかな建物であることがほとんどです。いくつもの彫刻を見ることができ、ひとつひとつをじっくり見てまわりたくなるような魅力があるでしょう。街そのものが芸術作品と称されるパタンでも、ヒンドゥー教の美しい寺院を見ることが可能です。また、ネパールには仏教の開祖であるブッダが誕生したとされる地があります。これはルンビニという村であり、世界遺産にも登録されているのです。ネパールにある最古の仏教寺院であるスワヤンブナートも、ルンビニと同様に世界遺産に登録されています。野生のサルが多く住み着いている寺院としても有名であり、旅行者が多く訪れるスポットなのです。このように、魅力ある観光スポットが多くありますので、ゆっくり見てまわるためにも長期滞在をすることがおすすめであると言えます。旅行会社によっては長期滞在のプランを用意しているところもありますので、まずは問い合わせをしてみるとよいでしょう。